Moderato quasi Andantino

演奏するのも聴くのも大好き!楽典、ソルフェージュに西洋音楽史、クラシックに関することはなんでも知りたい音楽愛好家のブログ

音程の学習方法(2/3)

前回に引き続き、音程の学習方法についてご紹介します。mopianic.hatenadiary.com

 

(2)の音程の種類についてですが、増、減、完全、長、短、これらは音程の幅の大きさを示しています。

(1)で説明した通り、音程は数字だけで表すとシャープとフラットの区別がつきません。ファから3度上と言われても、ラなのか、ラbなのか、はたまたラ#なのか分からいのです。そこでそれらを明確に区別するのが音程の種類です。先に答えを言ってしまいますが、ファとラは長3度、ファとラbは短3度、ファとラ#は増3度です。

前の記事でも書きましたが、音程の種類を間隔が狭い順に並べると、

 

①減ー短ー長ー増

 

または

 

②減ー完全ー増

 

となり、2音の間隔が半音広がると右に一つ進みます。

この①と②ですが、まずこれが最初の暗記になります。最初に頭に叩き込むべき音程のルールです。

 

2度 3度 6度 7度 は①のグループ

 

1度 4度 5度 8度(オクターヴ)は②のグループ

 

どういうことかといいますと、例えば減3度の上の音が半音上がると、2音の間隔が半音広がるのでその音程は短3度になります。3度は①のグループなので、減の次は短です。完全3度にはなりません。(減から完全になるのは②の進み方)

そして増4度の上の音が半音下がったら、それは完全4度になります。4度は②のグループなので長4度にはなりません。(増から長になるのは①の進み方)

 

今回は8度までしか書いていませんが、もちろん8度以上の音程も存在します。その場合、7または7の倍数との差(1オクターヴ以上の音程を1オクターヴ以内にまとめた形)が①と②どちらのグループになるかを見るのですが、勉強したての時にこれをやるとややこしくなるのでここでは省きます。

 

というわけで、音程を示す2つの要因について説明してみましたが、一番大事なのは、それぞれの音程の覚え方ですよね。

ここでは私が知っている3つの考え方及び覚え方について紹介していきます。音程の覚え方は人それぞれで、教え方も先生や教科書によって違います。私も10通り以上見たり聞いたりしてきましたが、その中で私が人に教えるならこれを、と思った3通りの方法です。

 

1.半音の数を丸暗記

これは数字をたくさん覚えるのが得意な方におすすめの方法です。音感や調性の感覚が全く必要ない、大急ぎで習得する必要があるときにもってこいの方法です。

1度から8度までの「完全」と「長」の音程の半音の数を覚え、そこから半音何個分広いのか、狭いのかで音程を特定します。この半音を数える方法では、すごろくの数え方と同じで数え始めの地点は0になります。

 

完全1度:半音の間隔0(2音が同じ音)

 増一度:半音の間隔1(例:ドとド#)

完全1度は2つの同じ音で作られる音程です。数え始めの場所が半音0個、もう一方の音も同じ場所、つまり数え始めの地点からどこにも移動しないので、この音程の半音の数は0個になります。

そこから半音一個分間隔が広がると、1度は②のグループで 減ー完全ー増 という進み方をするので、増1度になります。

因みに減1度は存在しません。半音の間隔0の完全1度が、この世で最も小さな音程です。

同じ要領で、2度から8度までの音程も「完全」または「長」の音程の半音の数を覚えて、音程の種類を見分けます。 

 長2度:半音の間隔2 

 長3度:半音の間隔4

完全4度:半音の間隔5

完全5度:半音の間隔7

 長6度:半音の間隔9

 長7度:半音の間隔11

完全8度:半音の間隔12

 

これを丸暗記で音程は完璧です。メリットは音感が全く必要ないこと。デメリットは聴音で応用が利かないこと、つまり楽譜を見てではなく、音を聞いて音程を答える問題では全く通用しないことです。筆記問題でしたら問題ないですね。ただ数字の羅列を覚えなきゃいけないので、得意じゃない人には無謀と言わざるを得ない覚え方ですし、何より楽しくないです。ただこの方法でしたら、気合さえあれば深く音楽を習ってない人でも音程をマスターできると思います。ミとファ、シとドが半音であるという最低限の知識は必要ですが・・・。

 

<例題>

ラとそのすぐ上のファの音程は何でしょう。

 

まずは数字を数えます。

ラシドレミファ 

ラが1なのでそこから数えてファは6、つまりこの2音の音程は6度です。

次に音程の種類ですね。ラからファまで半音はいくつあるでしょうか。半音を数えるときは数え始めの地点が0です。

ラ シb シ ド ド# レ ミb ミ ファ

ラが0なのでそこから数えてファは8ですね。

長6度は半音9個でした。ラファは8個なので1個少ないです。6度は①のグループなので、

減ー短ー長ー増

長6度が半音9個。ラファは半音1個分狭いのでので一つ左に戻ります。

答えは短6度。です。

 

次の記事で残りの2つの覚え方、そして豆知識として英語での音程の言い方についてご紹介します。